多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズについて

白内障手術のさいに水晶体のかわりに挿入する眼内レンズには、単焦点のものと多焦点のものの2種類があります。
通常、白内障手術で選択するのは単焦点眼内レンズですが、このレンズですと1か所しか焦点が合いませんので、近くを見ることにあわせたレンズを入れると遠くを見るための近視用眼鏡が必要になります。また車を運転する方などのケースで遠くに焦点が合うレンズを入れれば、お手元を見るさいは老眼鏡が必要になります。
こんなご不便を解決するために、近年では多焦点レンズが開発されました。これを挿入すれば近距離・遠距離の双方にピントをあわせることが可能になり、シーンごとに眼鏡をかけるといった不便はなくなります。
ただし、見え方というのは人によって千差万別で、ある人にはぴったりと合った多焦点レンズが、ほかの人にはどうも調子が悪いというようなことがおこります。そのためにさまざまなタイプの多焦点眼内レンズが開発されています。
だからといって、眼鏡やコンタクトレンズのようにかんたんに作り直しができるものではありません。読書などの細かいものを見ることが多い、よくテレビを見ている、車を運転する、アウトドアのスポーツをするなど、ご自分の生活スタイルに合ったタイプを選択するさいの参考になるよう、以下に当院で扱っている多焦点眼内レンズの種類と特徴を挙げておきます。
当院で手術を受けられる方には、まずは適性検査を受けていただき、その結果をもとに院長とよくご相談いただいた上で、ご自身に一番合うと思われるレンズをご選択いただくようにしております。

各レンズの特徴

個々人の見え方は千差万別。それに合わせて多焦点眼内レンズの多様な種類のものが開発されています。ただ、本当にご自身の見え方にあったレンズを選ぶのは難しいものです。通常の施設では2、3種類しか取り扱わない為、選択の余地さえないことが現実です。
ここでは、当院で扱っているレンズの種類とそれぞれの特長を参考までに挙げています。当院以外で手術を受けられる方でもご自分にあったレンズを見つける参考にしていただければ幸いです。もちろん当院の経験から患者さんに最適なものを選択していくようにいたします。
なお、多焦点眼内レンズには、大きくわけて、屈折型と回折型の2種類があります。
屈折型は、近方と遠方それぞれの焦点をもつレンズを同心円上に配したものです。
また回折型は、レンズ全域に高さの異なる屈折領域を配して回折の原理を利用して外からの光を近方と遠方にわける仕組みです。回折型にはさらに周辺部に遠方のみの屈折領域をもったアポダイズド回折型があります。
現在の多焦点眼内レンズは回折型が主流となっており、遠近の2焦点のもの、遠中近の3焦点のもの、遠、遠中、中間、中近、近の5焦点のものなどが開発されており、ご自分の生活パターンにあわせて選べるようになっています。

ファインビジョン Fine Vison

2011年にベルギーの社で開発された3焦点型の多焦点眼内レンズです。非球面型のデザインでレンズ中央部と周辺部で働きが異なるよう設計されたアポダイズド回折型です。
遠方と近方、遠方と中間距離という2種類の二重焦点レンズを組み合わせた二重構造に設計されており、遠方と近方だけでなく中間距離もしっかりと見えるため、パソコン作業などで活用できるシーンが多方面にわたり、眼鏡を使用しなければならないケースがもっとも少ないタイプの眼内レンズの一つです。
材質は親水性のアクリルで、コントラスト感度も高く、またアポダイズド回折型の特長としてグレアやハローも最低限に抑えられています。さらにブルーライトカットなどの加工も可能です。
さまざまな生活パターンの患者さんへの適応範囲が広く、現在国内ではもっとも多く選択されるレンズの一つです。

ファインビジョントリウム Fine Vision Trium

ファインビジョントリウム Fine Vision Trium通常のファインビジョンと比較してより遠方から近方までを連続してスムーズに見ることができるファインビジョントリウムというレンズも開発されていますが、現状では乱視矯正用のレンズはこのタイプではありませんが、乱視がない方は選択することができます。
眼内レンズが目の中で時間が経って濁ることをグリスニングと言いますがG-FREE テクノロジー(グリスニングしない)という独自の製造工程で長期的に透明な視界を提供するとともに後発白内障も抑制する技術が搭載されています(2010年に特許)
またダブルCループデザインにより目の中で回転することなく長期に安定する構造になっています

インテンシティー Intensity

インテンシティー Intensity現在世界的に評価を得ているHanita Lenses社が2020年7月に開発した最新の5焦点眼内レンズで、5つの距離に焦点を合わすことができます。日本でも有数の最先端施設では現在使用されています。
このレンズの最大の特長である5焦点とは、遠方、遠中、中間、中近、近方の5か所に焦点があるという設計のことで、従来の回折型2点、3焦点レンズが不得意としていた遠方から中間、中間から近方の焦点合わせが可能となりました。このため、日常のあらゆるシーンでの活動をカバーできるのです。
また、光エネルギーのロスを6.5%と最小限に抑えることができるうえ、さらに瞳孔の大きさに応じて最適な光配分ができるように作られています。
また、レンズの構造上、グレアやハローも大変少なく抑えられています。
なお、当院では乱視矯正用のレンズも先行導入いたしました。

アクリバトリノバ Acriva Trinova

アクリバトリノバ Acriva TrinovaオランダのVSY Biotechnology社で開発された最新の三焦点+EDOFプレミアム眼内レンズです。多焦点レンズでは光を遠方と近方に振り分けるために、レンズ表面に特殊な溝が同心円状にきざまれています、このぎざぎざの溝は従来は鋭角ですが、アクリバトリノバでは先端部に丸みがつけられた滑らかな溝となっています。設計となっています。そのため従来の回折型レンズの欠点であった光をまぶしく感じるグレアやにじんで感じるハローといった現象をおさえることができるのです。
また、収差の原理を利用した焦点拡散機能(EDOF)が追加されていますので中間視力の落ち込みが少なく、遠方、中間距離、近方のスムーズな見え方を提供致します。で
光量のロスは他の回折型レンズより少ない8%に抑えられており、レンズ度数は広く細かく適応できますので、従来三焦点型の対象とならなかった強度の遠視、強度の近視の方のほか角膜乱視の強い方も適応しやすくなっています。
2017年にヨーロッパで使用されるようになった後、あっというまに世界中で使用が拡がってきた人気のレンズです。

ミニウェル・レディー Mini Well Ready

ミニウェル・レディー Mini Well ReadyイタリアのSIFI MedTech社が開発した、従来の屈折型や回折型とはまったく発想の異なる多焦点眼内レンズで、レンズの表面のカーブによって屈折が異なる球面収差の原理を利用したプログレッシブ眼内レンズと分類されています。
遠方から中間距離で連続して明瞭な視力を得ることができますが、近方に若干弱みがあります。
しかし、多焦点レンズの弱点であるコントラスト感度の低下やグレア、ハローといった夜間の見えづらだが、このレンズではまったくありません。スポーツや夜間の長時間の運転が好きな方や、もともと老眼鏡を使うことがなれているが手元以外は最高品質の見え方を希望する方にはお勧めです。近年は乱視用も開発され乱視の方も安心して受けられる様になりました。

CTFプレシジョンレンズ Precizon Presbyopic

CTFプレシジョンレンズ Precizon PresbyopicCTFプレシジョンレンズは、これまでの回折型レンズとはまったく形状が異なり、遠方と近方のレンズが独自のテクノロジーで均等に分割されています。このフラットなレンズデザインによって、見え方も瞳孔の大きさに左右されにくくなります。これによって、スムーズにすべての距離に焦点をあわせやすく、さまざまに照明条件がかわっても、手術後に発生しやすいハローやグレアといった異常もおさえることができるのが特長です。
遠方から近方のすべての距離でクリアな視界が得られるように焦点深度も強化されました。これによって中間距離の焦点が極端に落ち込むこともなくなり、どの距離でもスムーズに連続して見ることができますので、瞳孔の影響を受けにくいオールラウンドのレンズということができます。

アルサフィット ALSAFIT FOURIER

アルサフィット ALSAFIT FOURIERドイツのALSANZA社が開発したALSAFIT FOURIERは遠方、中間(75cm)、近方(35cm)の三焦点をもつ回折型レンズです。レンズの中心から外周にむかって溝を高く設計しているため、瞳孔の大きさに関係なく、近方へ光を集めやすいという特長があります。そのため、照明の条件に関係なく、暗所や薄暮時にも中間距離から近方への焦点があわせやすいレンズです。また光透過率は91.4%と非常に高く、すべての距離で高いコントラスト感度が得られます。近方の焦点が35センチに入っているため近方作業に強いことが特徴です。さらに乱視を矯正できるトーリックレンズも用意されていますので、読書など細かい近方を良く見る方にも適したレンズです。

レンティスエムプラスX Lentis MplusX

レンティスエムプラスX Lentis MplusXドイツのオキュレンティス社製で分節型という他とは違うタイプの多焦点眼内レンズです。上半分が遠方で下半分が近方という遠近両用メガネのような構造をしています。MplusXは遠方部分と近方部分の境目がありませんので、遠方視から近方視へとスムーズにつながって見ることができます。さらに光のロスが少なくコントラスト感度が高いため、他のレンズとくらべて、光をまぶしく感じるグレア現象やにじんで感じるハロー現象が出にくいのも特長です。
ただし、稀になんとなく視界がすっきりしないワキシービジョンを感じる方がいます。
このレンズは12Dという非常に強力な乱視でも同時に矯正できるレンズを注文することも可能で、矯正度数も0.01Dきざみと細かい単位で完全オーダーメードで作成されます。想定したレンズの効果と実際の見え方の差がもっとも少ないレンズの1つです。
特に乱視が強い方にはお勧めできます。

AT LISA

AT LISAドイツのカールツァイスメディテック社製の回折型眼内プレミアム多焦点レンズで、3焦点のバランスに優れています。カールツァイスは中原眼科での最先端顕微鏡や眼内レンズ
測定装置の作成メーカーです。2012年に開発されてからヨーロッパではトップシェアを誇っていますが、日本ではこのレンズを取り扱うことのできる医療施設は少なく、とてもプレミアムなものです。しかも専用の挿入器具を使用することで世界最小1.8ミリという傷口から入れることができます。
たいへん適応範囲が広く、今まで多焦点眼内レンズが適応できなかった、強度の近視・遠視・乱視の患者さんでも本レンズなら適応できる可能性が広がっています。
遠方、中間距離、近方をバランス良く配分したレンズ設計で中間距離の見え方を義性にせず近方視力をひきだすことができます。
また、夕暮れ時や夜間などのでも近方の見え方が明瞭であり、まぶしく感じるグレアやにじんで見えるハローといった現象も抑えられているため、夜間の運転など、瞳孔の開いた状態でもコントラスト感度が良好といった特長があります。

レイワントリフォーカル Ray One Trifocal

レイワントリフォーカル Ray One TrifocalイギリスのRayner社から2017年に発表されたレンズで、遠方、中間距離、近方の三焦点レンズとなっています。独自のレンズ設計で、照明条件にかかわらず優れたコントラスト感度が得られ、瞳孔の大きさにも視力が影響されにくいのが特長です。さらに、近距離の焦点を日本人の読書時明視距離とされる30cmに合わせることができるのは、このRay Oneとファインビジョンだけです。
このRay Oneは光の損失が11%と非常に少ないのも特長で、これによって距離に影響されないため遠方視力も非常に優秀です。一方でコントラスト感度が高いため、若干ハローやグレアがおきやすいと言われており、夜間の運転が多い方には不向きなレンズです。

テクニスシナジー Tecnis Synagy

テクニスシナジー Tecnis Synagyジョンソンアンドジョンソンが販売しているテクニスファミリーの新しいレンズで日本では昨年の夏から使用されています。簡単にいうと下に説明のあるテクニスマルチフォーカルとテクニスシンフォニーを合わせたレンズです。双方のメリットを取り入れつつ、デメリットを最小限に抑えた2焦点+EDOFのレンズです。レンズの構造で色むらを補正してくっきり見えるようにしたり夜間の光のにじみを軽減させる工夫がとられています。日本に正規取扱店舗がありますのですぐに行えるのが特徴です。

パンオプティクス PanOptics

パンオプティクス PanOptics米国のアルコン社から2019年に登場した3焦点型の多焦点眼内レンズで、遠方から近方までの幅広い距離をシームレスにカバーしているのが特長です。2020年の日本の先進医療保険の終了時の対象レンズとして駆け込みで多く使用され認知度が広まりました。
これまでアルコン社製のReSTORレンズで不得意とされていた薄暗い場所での中間距離や近方距離の作業への適性も大幅に改善されています。さらに同社製レンズの特長である非球面レンズによるボケの低減、薄黄色に着色することによる網膜保護機能はそのまま受け継いでいます。
また同社独自のテクノロジーによって瞳孔径が大きくなるほど遠方への光配分を大きくすることによって、光が必要以上にまぶしく見えるグレア現象やにじんでみえるハロー現象などを抑える努力がしてあります。
このレンズは他の3焦点レンズと異なり日本に流通しているため納期が短いのも特長で、手術を翌日にでも受けたい方におすすめです。

アクリソフレストア ナチュラルシングルピース Acrysof Restore

アクリソフレストア ナチュラルシングルピース Acrysof Restore米国アルコン社製のアクリル製回折型多焦点眼内レンズ(ReSTOR)で、遠くと近くに焦点が合うように設計されています。瞳孔が大きくなるほど遠方へ光を多く配分するような設計で、光が必要以上にまぶしく見えるグレア現象やにじんで見えるハロー現象を抑えています。また、今まで多焦点眼内レンズがもっとも不得意としていた50cmから70cm程度の中距離の見え方も大きく改善され、国内でもっとも選択されている多焦点眼内レンズのひとつと言えます。
非球面の構造によって、ボケが低減されることと、薄い黄色の着色による網膜保護効果が期待できるのも特長ですが、一方で薄暗いところで近方視力がやや不良になる薄暮視がおこったり、また色彩の微妙な違いを識別しにくくなるコントラスト感度の低下などが起こる可能性があるため、夜間車を運転される方やデザインや印刷など色彩を扱う専門家の方には不向きといえます。また強い角膜乱視のある方にも不向きな部分があります。
全体としては、角膜乱視が少なく、新聞や読書、細かい作業などをされる人、料理や手芸などをされる人など近方視力を重視する生活パターンの患者さんに満足をいただいています。
最近では、角膜乱視を同時に矯正できる多焦点トーリックレンズも開発されました。これによって、これまで適用外とされていた強い角膜乱視の人にも本レンズがご使用いただけるようになりました。

テクニスマルチフォーカル・シングルピース Tecnis Multifocal

テクニスマルチフォーカル・シングルピース Tecnis Multifocal米国のAMO社製のアクリル製回折型多焦点眼内レンズです。遠方と近方に焦点が合うように設計されており、前術のアルコン社製アクリソフレストアレンズと同様、国内ではもっとも選択されることの多い多少点眼内レンズの一つです。
著色レンズではありますが、きわめて透明に近いため、他社製の同様のレンズよりコントラスト感度の低下が少ないとの評価があります。
近方視力の調整段階がきめ細かく用意されており、30cm、40cm、50cmから選択が可能で、ご自分の生活パターン(本や新聞を読む、パソコンのディスプレイ作業が多いなど)にあわせた選択ができるのも特長のひとつです。特に30cmに合わせられるレンズは非常に少なく、近方視力をとても重視する方にはおすすめです。

テクニスシンフォニー オプティブルー Tecnis Symfony

テクニスシンフォニー オプティブルー Tecnis Symfony米国AMO社製の最新型アクリル製多焦点レンズで2017年に発売されました。焦点拡散型(Extended Depth of Focus:EDOF)と呼ばれるタイプで、従来の回折型に比べ、色収差を低く抑えることができるのが特長です。色収差が低減されるということは、色にじみやズレなどもでにくく違和感が少ないということです。
またレンズに設けられた回折のための溝の形や深さなどを工夫することで、ピントが合う幅を広く拡散しています。
そのため、従来のレンズより遠方から中間距離までの見え方がスムーズで、コントラスト感度の低下が少なく、まぶしさを強く感じるグレア現象やにじみを感じるハロー現象なども低減されています。
したがって、デスクワークが多い方、夜間に車を運転することが多い方などには最適のレンズとなっています。
一方で、近方視についてはやや弱いため、読書などの多い方には適応しにくいと言えます。

アクティブフォーカス Active  Focus

アクティブフォーカス Active  Focusアクティブフォーカス眼内レンズは2018年に米国のアルコン社から発売されました。瞳孔の大きさの変化に応じて遠方から近方の光を最適に配分する仕組みと、レンズ中新聞に100%遠方に配分することによって、まるで単焦点眼内レンズのようにハローやグレアがなくコントラスト感度も高い二重焦点レンズとなっています。
そのため、夜間の運転が多い方、アクティブにスポーツなどを楽しむ方などに最適な視力が得られます。一方で、近方の焦点はやや弱い部分があり、読書や新聞などでは眼鏡が必要になることもあります。なお、乱視矯正用のレンズも用意されており、白内障の手術と同時に乱視や老眼の矯正効果が期待できます。このレンズも国内で流通しています。
ゴルフが好きな方で受診後すぐに手術を受けたい方におすすめです。

各レンズ比較表

自由診療の多焦点眼内レンズ

健康保険などの公的医療保険が適用されない診療のことです。多焦点眼内レンズは全て自由診療が適用されます。当院では15種類以上の眼内レンズを取り揃えており、患者さんのご要望に合わせた最適なレンズをご提案いたします。

レンズ外観 FineVision-Pod-F Intensity Acriva Trinova Mini Well
名称 Fine
Vision
Fine
Vision
Triumf
Intensity Acriva
Trinova
Mini
Well
光学部デザイン 3焦点 3焦点
EDOF
5焦点
回折型
正弦波
回折型
累進焦点
乱視矯正 × ×
焦点距離 40cm
~∞
40cm
~∞
40cm
60cm
80cm
133cm
40cm
80cm
50cm
~∞
得意な見え方と作業 運転
パソコン
読書
運転
パソコン
読書
運転
パソコン
読書
運転
パソコン
読書
夜間運転
パソコン
ハロー・グレアの自覚 少ない 少ない 少ない 少ない ほぼなし
生産国 ベルギー ベルギー イスラエル オランダ イタリア

※横スクロールで全体を表示

レンズ外観 Precizon ALSAFIT Lentis Ray One Trifocal Tecnis Synergy
名称 Precizon ALSAFIT Lentis Ray
One
Trifocal
Tecnis
Synergy
光学部デザイン 屈折型
累進焦点
(CTF)
3焦点
回折型
2焦点
分節屈折型
3焦点
回折型
連続焦点
回折型
乱視矯正 ×
焦点距離 50cm
~∞
35cm
70cm
40cm
37.5cm
75cm
33cm
~∞
得意な見え方と作業 夜間運転
パソコン
運転
パソコン
読書
パソコン
読書
パソコン
読書
運転
パソコン
読書
スポーツ
ハロー・グレアの自覚 やや少ない 少ない 少ない やや少ない あり
生産国 オランダ ドイツ ドイツ イギリス アメリカ

※横スクロールで全体を表示

レンズ外観 PanOptix ReSTOR Tecnis Multifocal Tecnis Symfony Activefocus
名称 PanOptix ReSTOR Tecnis Multifocal Tecnis
Symfony
Activefocus
光学部デザイン 3焦点
回折型
2焦点
回折型
2焦点
回折型
エシェレット
回折型
アポタイズ
回折型
乱視矯正 ×
近視の焦点距離 40cm
60cm
30cm
40cm
50cm
33cm
42cm
50cm
50cm 50cm
得意な見え方と作業 運転
パソコン
読書
スポーツ
読書
パソコン
読書
パソコン
スポーツ
パソコン
運転
スポーツ
パソコン
ハロー・グレアの自覚 やや少ない あり あり あり 少ない
生産国 アメリカ アメリカ アメリカ アメリカ アメリカ

※横スクロールで全体を表示

 

多焦点眼内レンズ料金表

当院の多焦点眼内レンズの価格は一律です。

  税込(税抜)
乱視矯正なし 693,000円(630,000円)
乱視矯正あり 792,000円(720,000円)

上記の金額は手術代、レンズ代、術後1ヶ月間の検査代、診察代、薬代を含みます。

選定療養レンズ

  税込
国内3焦点(乱視なし) 332,000円
国内3焦点(乱視あり) 387,000円
TOPへ