医師紹介

院長 中原 将光

略歴東京都武蔵野市生まれ。私立海城学園卒業後に国立浜松医科大学へ入学。
医師免許取得後に2003年に東京医科歯科大学病院眼科の網膜硝子体グループにて研修を積み、2005年に深作眼科へ勤務。
同時に横浜市大眼科医局に属し横浜市大センター病院にて網膜硝子体疾患の診療に非常勤医師として勤務。

その後、国際親善病院眼科、県立足柄上病院の部長を歴任し地域医療に貢献。

そして、深作眼科 副院長 兼 横浜院管理責任者就任、手術技術を求め、フリーランス手術専門医として全国で依頼手術を行い、気がつけば誰もが断る最高難度手術も引き受けるあきらめないという技術とタフさを身につけていました。
多くの先生からの最難度の手術を引き受けて治療してきました。

私の思う最新の理想の診療と手術を提供しようと中原眼科を開院に至る。

経歴

  • 私立海城学園卒業
  • 国立浜松医科大学卒業
  • 東京医科歯科大学眼科
  • 横浜市大センター病院眼科兼深作眼科
  • 国際親善病院眼科
  • 県立足柄上病院眼科部長
  • 深作眼科副院長
  • フリーランスの眼科手術専門医
  • 中原眼科 院長

所属学会・資格

TOPへ