一般眼科

初めての方へ

初診の場合は検査等でお時間をいただくことがございます。余裕をもってご来院いただくようお願いします。
その際、健康保険証や各種医療証、受給者証、お薬手帳などをご持参ください。また他院からのご紹介の場合は、紹介状もお忘れなくご持参ください。

初診時の持ち物

当院は、健康保険適用の医療機関ですので、一部の自由診療を除いて保険診療となります。ただし、保険診療には健康保険証や各種医療証、受給者証などが必要となります。
これらをお忘れになったなどの理由で、各種医療証をご提示いただけない場合は、いったん自由診療扱いとして10割負担の診療費をお預かりすることがあります。
その場合も、後日ご来院のうえ各種医療証をご提示いただければ、保険診療分との差額をお返しいたします。返金のご来院は、会計の都合上初診の月内にお願いします。
セカンドオピニオンや再手術希望の場合は紹介状や前医のデータがあるとよりスムーズに診療が進みます。
また、今までに受けられた手術の時期についての情報や、現在使用している点眼薬がわかるお薬手帳や点眼ボトルがある場合はご持参ください

診察の流れ

Step1受付・問診表記入

ご来院になりましたら、まずは受付を行ってください。初診の場合、受け付け終了後に問診票にご記入いただいきます。現在お困りの症状や気になる点について、ご記入ください。
なお、分からない点や、ご記入が困難な方につきましては、遠慮なく受付にお申し出ください。
ご記入が終わりましたら、お呼びするまでの間、待合室にてごゆっくりとお過ごしください。

Step2検査

まずは近視や乱視などがあるかどうかを調べる屈折検査、緑内障などの指標となる眼圧検査と視力検査を受けていただきます。
視力検査では、眼鏡等をはずした裸眼視力、眼鏡等をつけたままの矯正視力のどちらにも対応しております。また老眼が始まる年代の患者さんには近方視力の検査も実施しております。

Step3診察

問診表の内容などを参考にしながら、医師が眼の状態を確認します。次に検査の結果なども加えて総合的に診断し、現在の状態、今後の治療方法、生活上の注意点などをわかりやすくご説明いたします。

Step4会計

初診の方には、現金でのお会計をお願いしております。また、お薬が必要な場合には処方箋をお渡しいたします。

TOPへ